FC2ブログ

今夜はブルームーン

豊洲からのブルームーン、 観覧者とランデヴー




 
  
スポンサーサイト



戦友の死

彼は何事にも一生懸命だった。
彼は正義を論した。
彼は世界を見ていた。
彼は僕についていけないといった。
彼は太く短く生きたいといっていた。
恐れを知らない誇りを持った優秀な戦士だった。

でも彼の死は早すぎた、それも異国の地でただ一人

“もうだめかも”常にそう言っていた。

皆に迷惑がかかると常に気を遣っていた。お前はどこに行きたかったのか。ただ一人。
何回も聞いた“もうだめかも”でも彼は強かった。強くなっていった。
まるで地獄との境の修羅のように。強くなりながら自分で舵を取っていった。


でも君はまだそんなに太くはなっていない。世界も見ていない。
君の身に何があったかは知らない、でも君は死んでしまったようだ。
信じられない、お前はそれでいいのかお前の世界はそこで終わるのか?
東南アジアのペナン島、ほんとにそこがお前の死に場所なのか?

現実が事実となる瞬間、感情は消えうせる。
現実を疑っているこの瞬間、お別れへのプロローグ、君は何をしているのか?
君が舵を取らなければだれがとるのか?
故郷に錦は飾ったのかい?
女の子をどれだけ幸せにしたのかい。
残された使命はたくさんあるだろう。

日本で最後にみた桜は覚えているかい?
ジェットからみた隅田川の、そうかもう二度と乗れない気持ちでいたもんな。

今の俺はPacificWorld、いいから戻っておいで所詮俺たちの庭じゃないか、縁側まで迎えに行ってやるからな。
元気な顔して帰ってこいよ。お前の死体しっかり担いでやるよ。心配するな。

やっぱり君の分まで、俺がやるしかないんだな。
お前もキツイな、まあ、とりあえず戻ってこい。

それからだ。戦いも安らぎも全て、、、

絶大なる正義

絶大なる正義をもって接すれば何事にも屈することはない。


絶大なる正義は我が心にあり、正義感がブレないためにも一日一善、清潔な汗をかいていたい。
まずは気持ちよく汗かくために、空気を環境に風を導こう。

そして転覆しない舵取り、方向転換、慎重かつ大胆に。

やっと針路を見つけても、転覆してしまったら意味がない。いたんだ船体を切り落とすのは簡単、でも先はなくなる。

いたんだ船体は船上の限られたもので補修しよう。

清潔な汗は必ず絶大な正義感を養ってくれるだろう。

皆に幸あれ
プロフィール

Pacific World 750

Author:Pacific World 750
大航海したいと思っているはず。絶対したいよね。
だけど現在は過去の延長上。だから今日現在を変えることができれば過去も変わってくるはず!
ナントカするさ。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR